読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな結婚をしよう

20代女子のための婚活アイデア

20代・婚活をはじめる女性へ。幸せな結婚について考えよう!

幸せな結婚を考える

結婚しようと思ったそこのお嬢さん。「婚活」がはじまります。

早く子供がほしい、生涯孤独は嫌、彼氏と別れてしまった、両親を安心させたい・・。

様々な理由があって、婚活を考える女子たち。女性は特に、若いうちに結婚した方が良いという理由もあるから、焦るのは自然なことだと思います。

そもそも婚活とは、結婚相手を見つける積極的な活動のこと。具体的にはどんな活動のことなのか?決まりはありません。2008年、「「婚活」時代」という本が、婚活の火付け役と言われています。そのころちょうど私は就職活動世代で、

「就活じゃなくて、婚活するべきなのか・・?」

なんて考えたものです。あれから10年弱が経過し、今では婚活と言うワードが世に馴染んだように感じます。大人の女性たちだけでなく、若い世代に身近なものとなり、婚活の活動の種類が非常に増えました。これから様々な婚活について探っていこうと思います。その前に、まずは大切なことを一緒に考えましょう。

就活のゴールは就職。では、婚活のゴールは?

婚活のゴールは、もちろん結婚ですよね。婚活は難しいなんて話、よく聞きます。何が難しいのか?特に、20代から婚活をはじめたならば、結婚をすること自体はそれほど難しくはないと思います。難しいのは、「幸せな結婚」をすることではないでしょうか。婚活をする人みんなが潜在的に信じていること、それは結婚ができれば幸せになれるということだと思います。結婚相手に求める条件や思い描くイメージ、きっと色々ありますよね。その求める条件が満たされた理想の人と結婚すれば、幸せになれるのでしょうか?

結婚に満足している人、満足していない人

では、どうしたら「幸せな結婚」ができるのでしょうか。結婚は夫婦になることですから、ひとつの判断基準として、お互いの関係の満足度について調べました。

リクルートブライダル総研による夫婦関係調査では、以下のようなデータが確認されています。

夫婦満足度が高い妻は、非満足の妻に比べて「夫婦2人で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」または「家族(夫婦)で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」回数が全年代を通じて多い。

「夫婦関係調査2015(リクルートブライダル総研調べ)」

夫婦・家族|マーケットを読む・調査データ|リクルート ブライダル総研

 この調査では、対象者の約7割が夫婦関係に満足していると回答しています。その約7割の結婚に満足している=「幸せな結婚」をしている奥様にとって、夫婦で過ごす時間が幸せに繋がるようです。

旦那様はどうでしょうか。

  • 夫婦満足度が高い夫は、非満足の夫に比べて「1時間以上の夫婦2人での会話」または「1時間以上の家族(夫婦)との会話」の回数が、全年代を通じて多い。
  • 「夫婦関係調査2015(リクルートブライダル総研調べ)」

奥様との会話に幸せを感じることが多いようです。男女で満足を感じる部分は異なりますが、互いにコミュニケーションが取れていることが、幸せな結婚に繋がるようです。

あなたはどんな夫婦関係を築きたいですか?

幸せな結婚のカタチは十人十色ですが、夫婦で共有する時間が幸せであることは重要なポイントなんですね。では、どんな相手であれば、一緒にいて幸せを感じられるでしょうか。夫婦の間に幸せな関係を築くことは、相手に求める条件では判断しにくい部分ではないでしょうか。

婚活のゴールは結婚ですが、入籍することだけを目的にせず、その相手と幸せな関係が築けるか。想像しながら婚活を楽しみましょう!

あなたに理想の夫婦像はありますか?

 

Pen (ペン) 2015年 2/1号 [しあわせな結婚。]

Pen (ペン) 2015年 2/1号 [しあわせな結婚。]

 

 

結論:幸せな結婚のポイントは、条件を叶えることよりも二人の関係性。